記念誌
ホーム > 記念誌

記念誌

2016.12.17 『ST50記念誌』の完成と頒布の延期のお知らせ

ST50 『ST50 - スター・トレック50周年記念誌 -(仮)』制作に向け、ご寄稿を頂きましたみなさま、そして記念誌の完成を楽しみにされているみなさま、誠にありがとうございます。

全国のみなさまからお寄せいただきました多彩な原稿は、現在 250ページを超え、2012年に頒布をしました『ST45記念誌』を上回る充実したボリュームとなっております。

しかし編集を進めるなか、スター・トレックの50周年記念誌として、またST JAPANの活動の集大成として、更に完成度を高めてファンのみなさまにお届をしたいとの想いが生まれました。現在、来年にかけて、更に追加取材などを行っております。

そのため『ST50記念誌』完成につきましては、当初 2016年12月を予定しておりましたが、いましばらくご猶予を頂きたく、お願いを申し上げます。

なお完成時期につきましては、来春を予定しておりますが、スケジュールが確定次第、また改めて周知致します。

既にご寄稿を頂き、また完成を楽しみにされていた みなさまには誠に申し訳ございませんが、是非ご理解とご協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。


2016.03.01 『ST50記念誌』 原稿登録受付継続中!

ST50 『ST50 - スター・トレック50周年記念誌 -(仮)』ですが、まだ予定枠に余裕があるため、引き続き原稿の募集を継続しています。

詳しくは、下記 ST50記念誌 制作のお知らせと、原稿募集要項をご覧下さい。


2016.01.01 『ST50記念誌』 原稿登録開始!

ST50 ST JAPANでは、スター・トレック50周年にあたる2016年に、日本のスター・トレック ファンの想いを凝縮した『ST50 - スター・トレック50周年記念誌 -(仮)』の制作にあたり、これより原稿の募集を開始いたします!

■概要

タイトル:『ST50 -スター・トレック50周年 記念誌-(仮) 』

仕様:B5判 オフセット/250ページ前後(想定値です)

頒布価格:1,500円(予定価格です)


■制作日程(2016年1月1日現在のおおまかな予定です)

2016年 1月 1日(金):募集要項詳細の発表/正式ご登録と原稿の募集開始

2016年 2月29日(月):ご登録締切

2016年 5月31日(火):原稿のご入稿締切

2016年 6月~10月:編集、校正。レイアウトなどスタッフ側の制作期間

2016年11月:印刷所へ入稿

2016年12月:完成/頒布開始


詳しくは、下記 ST50記念誌 制作のお知らせと、原稿募集要項 をご覧下さい。


ST50記念誌制作のお知らせ201601はコチラPDFicon30px

ST50記念誌制作のお知らせ201602はコチラPDFicon30px


ご寄稿方法

ご寄稿いただける方は次の手順で【ご登録】→【原稿送付】をお願いいたします。

【ご登録】

まずは【記念誌専用メールアドレス:kinenshi@stjapan.net】宛のメールの件名を「寄稿登録」と記載し、本文に下記項目をコピー&ペーストのうえ、各項にご記入いただいてお送りください。自動返信にて受付メール送信し、その後事務局で登録を確認したのち、改めてメールを差し上げます。

①お名前(ペンネーム可)/団体の場合は団体名と代表者のお名前

※記念誌のご送付先(お名前、ご住所とお電話番号など送付に必要な個人情報)は、改めてお尋ねします。

②ご連絡先メールアドレス

③表現形式(選択してください)

文章: □コラム/□研究解説/□紀行文/□小説/□その他(    )

絵 : □まんが □イラスト □写真

□その他(        )

□メッセージ欄のみ参加

④対象とするシリーズまたはキャラクター

⑤およその分量

※文章の場合、募集要項に沿って文字数からページ換算してください。イラストは1ページか1/2ページかをお選びください。不明の場合や、募集要項に示された目安のページ数を超えそうなときは遠慮なくご相談ください。

⑥入稿形式

□デジタル

※予定されるデータ形式をお書き添えください。未定の場合はわかった時点でお教えくだされば結構です。不明の場合は遠慮なくご相談ください。

□アナログ

※できるだけ実寸でお願いします

【原稿送付】

〆切までに【記念誌専用メールアドレス:kinenshi@stjapan.net】宛に原稿をお送りくださいますようお願いいたします。

(ファイルサイズの大きなものはfirestrage宅ふぁいる便などのサービスを利用してお送りください)

データ原稿、アナログ原稿ともに、ご登録後に折り返しお送り差し上げる《原稿作成と入稿形式》のご案内、あるいは当ウェブサイト内の記事《原稿作成と入稿形式》をよくお読みください。

デジタルデータのご入稿要項

デジタル原稿作成と入稿形式のご案内です。

※テキストと画像ファイルをお預かりしてこちらでレイアウトさせていただく場合は、以下の手順にかかわらずテキストと画像をメールにてお送りくだされば大丈夫です。その際、「画像の解像度」にのみご注意ください。

【こちらでレイアウトする場合の見本】

①文章で1ページ : 見本 ▷ 1_BASE_T_1Page

②文章で見開き : 見本 ▷ 2_BASE_T_SPREAD_ST50

③小説で見開き : 見本 ▷ 3_BASE_N_SPREAD_ST50

■作成サイズ

・B5正寸(ヨコ182mm×タテ257mm)

これが1ページの仕上がりサイズになります。

※イラストの「1/2ページ」のみ、「ヨコ150mm×タテ105mm」の枠を設定しています。見本ファイルにてご確認ください。

※見開きのイラストは、仕上がりがB4正寸(ヨコ364mm×タテ257mm)

【重要】

・タテヨコそれぞれに3mmずつの余白を加えた大きさで作成してください(この3mmの余白部分は裁ち落としになります)。

・上下左右はぎりぎりまで使っていただいてもかまいませんが、それぞれの端は断裁時に多少ずれることもあります。文字は、それぞれの端から余裕をもって内側に配置していただくのが間違いありません。

・ノド(綴じられる背の側)は、製本後に折り込まれて読みづらくなることを避けるため、10mm程度は重要な絵柄やセリフが入らないよう注意されることをおすすめします。

・お手持ちの書籍、まんが単行本などをご覧いただき、誌面のどの範囲までを使うのが適切か、ご確認ください。

①イラストで1ページ : 見本 ▷ 4_BASE_I_1Page

②イラストで1/2ページ : 見本 ▷ 4_BASE_I_Half

③まんがの基本枠 : 見本 ▷ 5_BASE_C_1Page

④4コマまんがの基本枠 : 見本 ▷ 5_BASE_C_4koma

■保存形式

・JPEG、TIFF、BAMP これらいずれかの画像形式にてお願いします。

※Illustrator形式(拡張子が.ai)、Photoshop形式(拡張子が.psd)のファイルは、編集部のアプリケーションバージョンが古いため、今どきのバージョンで作成されたものはほぼ正しく開くことができませんので、できるだけ避けてください。

※Illustrator形式(拡張子が.ai)、Photoshop形式(拡張子が.psd)の場合は事前に編集部へご連絡のうえ、

・文字テキストはすべてアウトライン化する。

・レイヤーはすべて統合する。

・保存時にIllustrator形式は「Ver.8.0互換」、Photoshop形式は「Ver.5.5(より古いバージョン)互換」を選んで保存する。

ようにしてくださいますようお願いします。

■画像モード

・グレースケールモード

※まんがの場合はモノクロ2階調モードも可

※カラーのままお送りいただき、こちらでモード変換させていただくことも可能です。ご相談ください。

■画像解像度

・グレースケールモード:300~600dpi(pixels/inch)

※モノクロ2階調モードの場合は600~1,200dpi(pixels/inch)

※カラーの場合は:350dpi(pixels/inch)以上

→RGB形式ではなく、できれば制作者の環境でCMYK形式にしておいてください。色味が多少変わるのを気にされなければ、こちらで変換させていただきます。

→編集部にてグレースケールモードに変換してから掲載させていただきます。

■開始ページのご希望

本誌は右開き(まんが雑誌と同じ)で製本されます。

複数ページにまたがる原稿については、ご希望を承ります。

□ 左始まり(奇数ページから始まる、まんが雑誌と同じ始まり方)

□ 右始まり(偶数ページから始まる、見開き掲載向けの始まり方)

□ 希望なし(編集部にて適切に判断させていただきます)

※入稿より前にお教えいただけると、編集部の作業上助かります。

■執筆者ノンブル(ページ番号)

複数ページの原稿をご入稿いただく場合、編集部にその順番が間違いなく伝わるよう、必ずノンブル(ページ番号)を振ってください。

ファイル名に連番を入れていただくと間違いありません。

(例:01.jpg、02.jpg ……など)

■主催者ノンブル(ページ番号)

印刷にあたり、上記「執筆者ノンブル」とは別に、お預かりした原稿の右下ないし左下に、編集部にてノンブルを貼り込ませていただきます。予めご了承願います。

■原稿送付先

・kinenshi@stjapan.net

■原稿の送り方

・1ファイルの容量が「15MB以内」の場合

添付ファイルとして、kinenshi@stjapan.net へ直接お送りください。

ただしこのアドレスが一度に受け取れる添付データは「15Mまで」、ファイルの数は「10ファイルまで」です。

※メールサーバーの総容量が限られておりますので、複数のファイルやサイズの大きなファイルをお送りいただくときはできるだけ次の方法でお願いします。

・1ファイルの容量が「15MB~250MB以内」の場合

ZIP圧縮などでまとめられた容量の大きなファイルは、ファイル転送サービスfirestrageをご利用いただき、宛先を kinenshi@stjapan.net にご指定ください。

※ご利用にはユーザー登録が必要になります(無料)

※ファイルアップロード時の「保存期間」の項では「ダウンロード○回」というオプションをお選びください。

・保存期間は「ダウンロード10回」にしておいていただけると助かります。

・この項以外はデフォルトのままで結構です。

※1ファイルが250MBを超える場合は分割してお送りください。

宅ふぁいる便などほかのサービスのIDをお持ちの方はそちらをご利用くださってもかまいません。

アナログ(紙)原稿のご入稿要項

アナログ原稿作成と入稿形式のご案内です。

※文章はテキストデータで、写真その他画像などは現物をご用意いただく場合、テキストはメールにて kinenshi@stjapan.net 宛にお送りいただき、別途現物のみをご郵送ください。

■作成サイズ

・まんが、イラスト

B5正寸(タテ257mm×ヨコ182mm)が仕上がりサイズになります。

B5判用の既成まんが原稿用紙をご利用いただくか、タテヨコそれぞれに3mmずつの余白を加えた大きさで作成してください。なお、3mmの余白部分は裁ち落としになります。

①イラストで1ページ : 見本 ▷ 4_BASE_I_1Page

②イラストで1/2ページ : 見本 ▷ 4_BASE_I_Half

③まんがの基本枠 : 見本 ▷ 5_BASE_C_1Page

④4コマまんがの基本枠 : 見本 ▷ 5_BASE_C_4koma

※既に描き終えてらっしゃるイラストなど、タテヨコが必ずしもB5ではない作品は、サイズを気にせずそのままお送りください。

※横位置の原稿は、天地を本誌の短辺に合わせ、90°横にした形で掲載させていただく場合があります。ノドの部分にせっかくの絵が折り込まれてしまうのを避けるためですが、それでもかまわないという場合は、見開きでの掲載も可能です。いずれにしましても、事前にご相談を差し上げます。

・文章に添える写真など

テキストデータに添えるイラスト、まんが、写真、クロスワード枠、新聞切り抜きなどがアナログ原稿の場合は、サイズを気にせずそのままお送りください。

■形式

アナログ原稿はそのままご郵送ください。こちらでスキャンさせていただきます。

※B5正寸以外のサイズで作成された原稿のうち、スクリーントーンなど網点を含むものは、モアレが生じる可能性があります。予めご了承ください。

■原稿送付先/原稿の送り方

アナログ入稿ご希望の方には、お送り先を個別にメールにてお知らせいたします。

■開始ページのご希望

本誌は右開き(まんが雑誌と同じ)で製本されます。

複数ページにまたがる原稿については、ご希望を承ります。

□ 左始まり(奇数ページから始まる、まんが雑誌と同じ始まり方)

□ 右始まり(偶数ページから始まる、見開き掲載向けの始まり方)

□ 希望なし(編集部にて適切に判断させていただきます)

※入稿より前にご一報いただけると、編集部の作業上助かります。

■執筆者ノンブル(ページ番号)

複数ページの原稿をご入稿いただく場合、編集部にその順番が間違いなく伝わるよう、必ずノンブル(ページ番号)を振ってください。

原稿の裏面などスキャンに影響を与えない場所に数字をお書きいただければ幸いです。

■主催者ノンブル(ページ番号)

印刷にあたり、上記「執筆者ノンブル」とは別に、お預かりした原稿の右下ないし左下に、編集部にてノンブルを貼り込ませていただきます。予めご了承願います。

メッセージコーナーのご入稿要項

メッセージコーナーは、本文へのご寄稿者のみなさまにはプロフィールの代わりになりますので、こちらの原稿も合わせてご用意いただけますようお願いします。

本文へのご寄稿がなくても、これのみでご参加いただけますので、奮ってご登録ください。

■形式

【テキスト版】と【画像版】の2種類から、お好きなほうをお選びください。

【見本】

①テキスト版 : 見本 ▷ 6_BASE_M_SPREAD_ST50.ai

上記見本を参考に、次の項目を kinenshi@stjapan.net 宛にメールでお送りください。


・お名前

・コメント 180字以内(4行の場合)

・お好きなシリーズ、キャラクター、艦船など

・運営されているウェブサイトURL、ブログURL、Facebook、Twitter、

 Instagram、mixiなどSNSのID


※各項目は任意です。URLやIDなどは公表の必要がなければ空欄で結構です(その分、余った行を COMMENT や FAVORITE の項にお使いいただけます。

②画像版 : 見本 ▷  7_MESSAGE_PICTURE_SAMPLE

③フォーマットファイル : JPEG/TIFFデータ ▽

JPEGデータ ▷ 右クリックしてデータを保存して下さい。

TIFFデータ ▷ 右クリックしてデータを保存して下さい。

フォーマットファイルは空白のJPEGまたはTIFFファイルです。真っ白ですが、驚かないでください。それが正しい状態です。

「グレースケールモード、400dpi、1924×425pixels」で、印刷時の実寸法はほぼ「122.2mm×27mm」になります。

このフォーマットファイルの解像度や縦横比を変更せず、スペース内を自由に埋めていただければ、見本の上に表示されている赤い枠内にはめ込んで印刷いたします。はめ込んだ例が、「見本」の下の状態です。

お作りになった画像ファイルは kinenshi@stjapan.net 宛にメールでお送りください。

※もしもファイル容量が15Mを超えた場合は、ファイル転送サービスfirestrageをご利用いただき、宛先を kinenshi@stjapan.net にご指定ください。

※ご利用にはユーザー登録が必要になります(無料)

※ファイルアップロード時の「保存期間」の項では「ダウンロード○回」というオプションをお選びください。

保存期間は「ダウンロード10回」にしておいていただけると助かります。

この項以外はデフォルトのままで結構です。

宅ふぁいる便などほかのサービスのIDをお持ちの方はそちらをご利用くださってもかまいません。


また

・【テキスト版】を選択したけれど、ロゴやマークだけでも画像を貼り込みたい!

・手書きで【画像版】を用意して、アナログ入稿したい!

といったご要望のある方は遠慮なくおっしゃってください。できる限り意に添えますようお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

記念制作についてのお問い合わせは、
記念誌窓口メール(kinenshi@stjapan.net)までお願いします。

メールの件名ですが

【寄稿登録】 ……2/29までのご登録メールに

【入稿】   ……5/31までのご入稿メールに

【質問/相談】……なんらかのご質問やご相談があれば

と、記載ください。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2015.11.24 『ST50記念誌』 制作決定!

ST50 このたびST JAPANでは、スター・トレック50周年にあたる2016年に、日本のスター・トレック ファンの想いを凝縮した『ST50 - スター・トレック50周年記念誌 -(仮)』を制作することを、決定しました!

詳しくは、ST50記念誌 制作のお知らせ をご覧下さい。

ST50記念誌制作のお知らせはコチラ(2015年11月時点)PDFicon30px

2014.3.25 通販による記念誌 頒布終了!

ST45当サイトでご紹介をしておりました、『ST45 - スター・トレック45周年記念誌 -』ですが、好評につき在庫薄となりましたので、今後はイベント開催の際の頒布のみの扱いとさせて頂きます。

ご購入を頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。

2012.3.31 ST45記念誌 頒布開始!

お待たせしました!

2012年3月、日本のスター・トレック ファンの想いを凝縮した記念誌が、遂に完成となりました。

当初の予定をはるかに上回る232ページ、総寄稿者数60名ものボリュームと充実感は、私たちプロジェクトの誇りであり、自信を持ってお届けすることができます。

今回はファンのみなさまからのご寄稿は勿論、スペシャルゲストも多数お迎えしております。

『スター・トレック:宇宙大作戦』スールー(カトウ)役のジョージ・タケイ 氏や、カーク船長役の矢島 正明 氏をはじめとする日本語版声優陣、日本語版演出の佐藤 敏夫 氏。

そして『スター・トレック:ザ・ネクスト・ジェネレーション(新スター・トレック)』テクニカルアドバイザー・イラストレーターのリック・スターンバック 氏など、スター・トレックシリーズに関わる計15名もの方々が、インタビューやご寄稿依頼にお応え下さいました。

また当初、頒布価格500円(100ページ前後)を予定しておりましたが、私たちが見込んでいたよりもスター・トレック・ファンの力は大きく、200ページを超える記念誌に仕上がりました。

そのため価格を1,000円とさせて頂きたいと思います。しかし実際に記念誌を手にして頂くことにより、必ずやその内容にはご満足頂けると、確信しています。

これらスター・トレック45周年における熱き想いを、私たちとともに、共有しようではありませんか。

好評につき、初刷版が終了。2012年7月より初旬より、第2刷頒布を開始しております。
※当出版物はあくまでも有志による非営利的形体で製作されております。

冊子概要

タイトル 『ST45 - スター・トレック45周年記念誌 -』
制作・編集 ST45記念プロジェクト実行委員会
仕様 B5判 オフセット/232ページ
寄稿者数 計60名

冊子スペシャルゲスト(計15名)

巻頭インタビューゲスト

・矢島 正明 氏〔TOS:カーク〕
・佐藤 敏夫 氏〔TOS:演出〕
・ジョージ・タケイ 氏〔TOS:スールー(カトウ)役〕

記念メッセージゲスト

海外

・リック・スターンバック 氏〔TNG:テクニカルアドバイザー・イラストレーター〕★
・ジョージ・タケイ 氏〔TOS:スールー(カトウ)役〕★

国内

・矢島 正明 氏〔TOS:カーク〕
・佐藤 敏夫 氏〔TOS:演出〕
・星野 充昭 氏〔TNG:ラ=フォージ〕
・羽佐間 道夫 氏〔TNG:Q〕
・銀河 万丈 氏〔TNG、DS9:ウォーフ〕
・柴田 秀勝 氏〔TNG:カーレス〕
・大川 透 氏〔DS9:ガラック〕★
・松岡 洋子 氏〔VGR:ジェインウェイ〕
・青山 穣 氏〔VGR:トゥヴォック〕★
・沢海 陽子 氏〔VGR:セブンオブナイン〕★
・小林 優子 氏〔VGR:ケス〕
・茶風林 氏〔ENT:ドクター・フロックス〕
・ボイジャー佐藤 氏〔タレント、ものまね芸人〕★
※「★」印のゲストは特別コラムあり

目次はコチラ!

ガジェット通信で、紹介されました!

2012.04.26 『スター・トレック』ファンの想いがギッシリ! 45周年の記念誌が完成

お問い合わせ

記念誌の頒布についてのお問い合わせは、
記念誌窓口メール(kinenshi@stjapan.net)までお願いします。

お問い合わせ